048-642-8022
カウンセリング予約

表側矯正なら、埼玉県さいたま市のセレーノ矯正歯科大宮クリニック

表側矯正

HOME»  表側矯正

表側装置A

昔からあるクリアタイプの装置です。ワイヤーが入る溝の部分には金属のスロットが入っています。
プラスチックでできているため、長期にわたって使用すると食べものや飲みものなどにより着色することがあります。

表側装置の共通の欠点として、装置の厚みがあるため口唇が盛り上る傾向があります。

PAGE TOP

表側装置B

表側でも審美性が比較的良い装置

歯に近い色をした装置を使用します。スタンダードクリアのような金属のスロットもなく、大変目立ちにくいです。表側装置の着色は避けては通れないものですが、スタンダードな装置に比べ少ないです。

審美性は裏側矯正には劣りますが、ワイヤーは白くコーティングされたものを使用するため表側の装置の中では比較的目立ちにくいです。
ただし透明ゴムタイプのワイヤーの留め具は着色しやすいです。歯の移動で使用する弾性ゴムも着色しやすいです。
コーティングが摩擦を増やすため、歯の移動は他の装置に比べ遅い傾向があります。
 
 

食事やブラッシングなどでワイヤーのコーティングが取れてしまうことがあります。ご自身で注意していただく必要があります。
表側装置の共通の欠点として、装置の厚みがあるため口唇が盛り上る傾向があります。

PAGE TOP

表側装置C

審美型装置

独自の構造が装置とワイヤーに生じる摩擦力を軽減。より弱い力で効率的な歯の移動を可能にした装置です。初期の歯の移動をより効率的に行えるのが特徴です。セラミックでできている装置を使用するため目立ちにくいです。
 

また、ワイヤーを固定するゴムが必要ないため、食品によるゴムの変色を気にしなくていいのも利点の一つです。ただし歯の移動に使用する弾性ゴムは着色します。また、装置の厚みは大きめです。表側装置の共通の欠点として、装置の厚みがあるため口唇が盛り上りやすい傾向があります。

PAGE TOP

表側装置D

厚みが薄い装置

装置を小型化することにより唇の違和感を軽減した白い装置です。
審美性は表側装置B、Cにはやや劣ります。

また装置とワイヤーとをゴムで固定しながらも、ジルコニアの滑りのよさと特徴的な構造が摩擦力を軽減。表側装置C同様、治療初期の歯の移動が効率的な装置です。

留め具や歯の移動用ゴムは着色しやすいです。

TOP